本文へスキップ

国民病となったアレルギー疾患=花粉症の治療法

治療法programは二つに分けられる

病院を訪れた花粉症の少年

病気の治療法は

  • 対症療法=病気の症状を抑えたり和らげたりする治療法
  • 根治療法=病気の根本原因を取り除き、完全治癒させることを目指す治療法

の二つに分けることができます。

 当然のことながら花粉症の人が病院を訪れた際に行われる治療も対症療法と根治療法に分類することができます。

花粉症の対症療法

●飲み薬による花粉症の全身療法

花粉症の飲み薬

 花粉症で病院(内科・耳鼻科・眼科など)に行くと飲み薬を処方されることが多いです。

 この飲み薬は、抗ヒスタミン薬などのアレルギー反応を緩和するための薬であり、あくまで花粉症の症状を抑えるものであって、花粉症を完治させるためのものではありません。

●点眼薬や点鼻薬を使う花粉症の局所療法

 花粉症で病院に行くと飲み薬だけではなく、目薬や点鼻薬を処方されることも多いです。特に眼科では目薬、耳鼻科では点鼻薬を処方される場合が多いです。

 この目薬や点鼻薬も目の充血や痒み、鼻水、鼻づまりといった局所的な症状を緩和するためのものであって、花粉症を完治させさせるためのものではありませんね。

●鼻粘膜にレーザーを照射する花粉症のレーザー治療

 レーザーを照射して鼻粘膜を変質させるレーザー治療法がありますが、これも花粉症の症状を緩和・抑制するための治療法であり、花粉症を完治させる治療法ではありません。    

 レーザーで変質させた鼻粘膜は、時間の経過とともにだんだんと元の状態に戻ってくるため治療効果が永久に持続するわけではないからです。効果が持続する期間には個人差がありますが、だいたい1年から3年くらいのようです。

 なお以前のレーザー治療は、鼻粘膜を焼いたり、切除したりするものでしたが、最新の機器を使ってのレーザー治療は鼻粘膜を焼いたり切除したりするのではなく変質させるものになっています。

花粉症の根治療法

●花粉症の二つのアレルゲン免疫療法

花粉症患者を新雑する医師

 アレルギーの原因となるアレルゲンを体内に少しずつ入れていくことによって、アレルゲンが体内に入ってもアレルギー反応を起こさないように体質を改善させていく治療法があり、アレルゲン免疫療法と呼ばれています。

 そして、現在、行われている花粉症の治療法の中で花粉症を完治させられる可能性がある根治療法は、このアレルゲン免疫療法だけだと言われています。

     

●皮下免疫療法

花粉症の皮下免疫療法に使う注射

 皮下注射によってアレルゲンを体内に少しずつ、徐々に濃度を上げながら入れていくアレルゲン免疫療法が皮下免疫療法です。

 皮下注射は自分ではできませんから、病院に頻繁に通う必要が出てきます。特に治療開始当初は一週間に二回程度の通院が必要になります。

●舌下免疫療法      

 アレルゲンのエキスを舌下に少しずつ、徐々に濃度を上げながら投与していくのが舌下免疫療法です。

 エキスの舌下への投与は 、アレルギー反応と深く関係するリンパ節にエキスが届きやすいために有効性が高まります。   

 なお現時点ではスギ花粉症以外の花粉症の舌下免疫療法に用いるためのエキスは認可されていません。そのため、舌下免疫療法によって治療できる花粉症はスギ花粉症だけです。

●アレルゲン免疫療法で治療した全員の花粉症が完治するわけではない

 アレルゲン免疫療法は、花粉症を根本原因から治療していく根治療法ですが、治療を行った全員が完治するわけではありません。それでも、8〜9割の人は花粉症の症状が改善されますが、1〜2割の人はほとんど症状が改善されないままとなるようです。

LINEで送るボタン

       

花粉症はアレルギー疾患トップページ・サイトマップへ

■視力障害者の方へ

当サイトをパソコンでご覧いただいていて文字が小さく、見づらい場合には、メニューバーの「表示」から「文字のサイズ」を選んで拡大してください。できるだけ音声プラウザに配慮してサイトを制作しておりますが、至らない点はご容赦ください。